So-net無料ブログ作成

妊活の大敵、ストレスがなぜ不妊の原因になるの?

妊娠するというのは意外に難しいもの。
ずっと妊活に取り組んでいるけど、なかなか妊娠できない…とつらい思いをしている人はたくさんいるはず。
妊活というと体を温めるとかお酒を我慢する、葉酸のサプリを飲むなどがあげられますが、実は妊活の大敵である「ストレス」をためないようにするというのがとても大事です。

というのは、ストレスを感じると副腎皮質刺激ホルモンが分泌されるのですが、その結果自律神経に影響して血流を悪化させ冷えを引き起こしたり、女性ホルモンの分泌が減少して妊娠しづらくなってしまうのです。
なので、「妊娠できない…」と思いつめてしまうとそれがストレスとなり、結果的にさらに妊娠しづらい体になってしまうという場合があるのですね。

普段から軽く運動をする、ゆっくりとぬるめのお風呂につかる、お風呂のあとはアロママッサージをする…など、リラックスしたりストレス解消ができるとうにしておくことが大事です。

あまりに思いつめてしまう…という場合は、思い切ってしばらく妊活をお休みしてみる、というのも手です。
妊娠のことばかり考えているとそれが知らずにストレスになることも多いもの。

妊娠にこだわらずにゆったりと過ごすことで、逆に精神的に楽になり妊娠できた…という人もいるんですよ。

2017-04-25 | 共通テーマ:妊娠・出産 | nice!(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 妊活街道ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
レイアウト崩れ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。